法務ニュース

Legal Affair News
記事:国際自動車が最高裁で敗訴、残業代規制についてのイメージ画像
法務ニュース

国際自動車が最高裁で敗訴、残業代規制について

タクシー大手「国際自動車(kmタクシー)」で採用されていた歩合給から残業代相当額を差し引く制度を巡る訴訟で3月30日、最高裁は労働基準法に違反するとの判断を示しました。未払い分の残業代を算定するため東京高裁に差し戻されるとのことです。今回は労働基準法の残業代規制について見ていきます。

記事:あいちトリエンナーレから考える、表現活動への協賛のイメージ画像
法務ニュース

あいちトリエンナーレから考える、表現活動への協賛

2020年3月23日、文化庁は愛知県に対し、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」にかかる補助金について、一部減額した額である6700万円を支払う決定をしました。今回は「あいちトリエンナーレ2019」の件の問題の所在や、 今回のような事態に遭遇した時に法務部員として取るべき対応を一緒に考えていきたいと思います。

記事:K-1の開催から考える自粛要請と今後のイメージ画像
法務ニュース

K-1の開催から考える自粛要請と今後

2020年3月22日、キックボクシング団体「K-1」のイベントが開催されました。このイベントは、新型コロナウイルスの感染が拡大している最中であったこともあり、西村経済再生担当大臣の要請をうけて、埼玉県から開催を自粛するよう求められている中での開催でした。この件を巡っては、賛否両論が取りざたされています。また、開催する側としても、興行収入などとの兼ね合いを検討したことかと思われます。大規模イベントの開催については政府が自粛要請をしていることや、今回の件を機にイベント開催について報道で注目されていることからも、今後社内外でイベントを開催する場合には、慎重に対応を検討する必要に迫られるでしょう。そこで、この「K-1」のイベントを題材として、政府による自粛要請の意味や、今月14日に可決された改正新型インフルエンザ対策特別措置法にも触れながら、今後のイベントの開催の在り方を検討していきたいと思います。

記事:ドラッグストアで逮捕、店舗での業務妨害行為についてのイメージ画像
法務ニュース

ドラッグストアで逮捕、店舗での業務妨害行為について

名古屋市内のドラッグストアで3月25日、「俺、コロナなんだけど」などと叫び咳をした男が威力業務妨害罪の容疑で逮捕されていたことがわかりました。マスクが売り切れていたことに腹を立てたとのことです。今回は店舗や営業所などで居座りや迷惑行為が行われた場合に成立し得る犯罪について見ていきます。

記事:株主総会もリモートで!のイメージ画像
法務ニュース

株主総会もリモートで!

3月は、12月決算を行う企業の定時株主総会が開催される時期です。上場企業だけでも、12月決算の企業は453社あり、そのうちの452社は3月に株主総会を開催することとしています。しかし、新型コロナウイルスの影響により、多くの人が集まるイベントの開催について検討することが政府により要請されている状況です。そのため、多くの株主が出席することが予想される株主総会の開催にも影響が出るであろうと想定されます。加えて、コロナウイルスの収束時期が見えない現状を考えると、3月に開催される株主総会のみならず、株主総会が集中する6月に開催される株主総会にも影響が出ることが予測されます。

日々の契約法務を自動化したい方はコチラ

法務NAVIまとめ

Legal Contents Bunched Up
記事:労働者派遣法改正!新採用の待遇決定方式のポイント解説のイメージ画像

労働者派遣法改正!新採用の待遇決定方式のポイント解説

来る4月1日に改正労働者派遣法(以下、派遣法)が施行されます。今回の派遣法の改正は、平成30年7月に公布された働き方改革関連法(正式名称:「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」)の一環として行われたものです。同じく働き方改革関連法によって改正されるパートタイム・有期雇用労働法と異なり、中小企業への経過措置がとられておらず、全ての企業を対象として一斉に施行されます。そこで今回は、派遣法改正の目玉となる二つの派遣労働者の待遇決定方式につきポイントをまとめました。

記事:フランチャイズ契約における競業禁止規定に関する判例まとめのイメージ画像

フランチャイズ契約における競業禁止規定に関する判例まとめ

昨今、フランチャイズ契約が各業界で幅広く行われるようになってきました。しかし、フランチャイズ契約において競業禁止に関する事例を目にすることもあるかと思います。そこで、今回は、フランチャイズ契約の競業禁止規定に関してどのような事例があり、どのような判断がなされているのか考える素材として、フランチャイズ契約に関する判例をまとめました。

記事:MBOの価格に関する判例まとめのイメージ画像

MBOの価格に関する判例まとめ

会社を非上場にする場合や、経営陣が株主を気にせず自由な経営をするための手段として、会社において、MBO(マネジメント・バイアウト)が行われることがあります。しかし、MBOにおいて、取得される株式の価格がいくらにするかは、経営陣と株主の間で合意できないこともあります。そこで、MBOの価格はいくらが妥当なのかについて、さらに、MBOに失敗した場合の経営陣の責任について考える素材としてMBOに関する判例をまとめました。

記事:システム開発取引に関する裁判例まとめ のイメージ画像

システム開発取引に関する裁判例まとめ 

システム開発は、建物建築等と違って無形のものを作るため、完成がどのようなものとなるか契約当事者の認識が食い違いやすく、トラブルになることが多いです。今回は、システム開発取引のうち、発注者(ユーザー)と受注者(ベンダー)の間で問題となりやすい①システム開発契約の成否と、②契約成立後の仕様変更に伴う追加報酬の支払義務に関する裁判例をまとめました。

日々の契約法務を自動化したい方はコチラ